【日本死ね】えっ?パスポートの申請書ってWebから取れないの?

先日、パスポートを更新しようと思って申請書をWebからダウンロードしようと思ったら・・・ えっ?できないんですかああああ?

 

まあ、100歩譲ってWebで申請できないのは認めるとして、申請書の入手もできないってどうなってるんですかね。仕方がないので昼休みを利用して取りに行ってきましたよ。

どうやら現在は海外在住の方のみ利用できるみたいだけど、国内で利用できない理由が全く分からない。最近、試験的に国内利用を試していたようだけど、こんなのとっと実装してくれないかな?インバウンドで浮かれる前にもっとやることあるでしょ。

いつものようにオチがないですが、あまりにも不便でアホくさかったので記事にしました。

では良い週末を!

【申請書の入手はこちらです】
東京都の方→こちら
神奈川県の方→こちら

 

クレカが不正利用されたでござる

仕事中にフリーダイヤルの番号から電話が掛かってきて、面倒くさいなと思いながら出たところ、クレジットカード会社からだった。

「本日の8:40頃、11:30頃、13:00頃の3回ネットで買い物しましたか?」と。全く記憶にないが時間差で請求が上がって来た可能性、家族が使った可能性もあるので、一旦確認する事に。

それで調べてみたところ、心当たりがなくやはり不正利用されていたようだ。まあ不正利用されたのは今回が初めてじゃないし、プロテクトされるから心配はしていないんだけど、ケータイとか各種サービスの引き落としに使っているので、再登録しなければならない事が面倒くさい。

これまで家電とか換金性の高い商品を連続して買うとカード会社から連絡来るのがウザいと思っていたけど、今回はマジで感謝。利用金額が5千円前後と少額なので、連絡なければたぶん気づかなかったよ。

それで話のオチはないんだけど、晴れ着の件も少し前のてるみクラブの旅費もカード払いだったら補償されたんじゃないのかな。マイルもたまるし、キャッシュフローもよくなるし、クレジットカードは人類最高の発明のひとつだよ。カード怖いとか言ってる君は残念ながら情弱確定。

 

【追記】
翌日カード会社から連絡が来て、利用されたのはライフネット生命で不正使用ではありませんでしたとのこと。はあ?ライフ何とかで使われたというからライフネット生命ですか?と聞いたら違いますと言ったじゃねーかよ。余計なことしやがってマジ面倒くさい。

 

【リコール】Apple Watchの本体にヒビ割れがあるんだけど…

ぶっちゃけAppleの殿様商売には腹立たしいところもあるんだけど、いつの間にか身の回りのガジェットは全てApple製品になっていました。なんでだろ〜

さて、私のApple Watchですが気付いたらこんなになっていました。

なんかベルトを差し込むとスカスカするなあと思ったら、固定部分が擦れて割れているではありませんか。私としては通常使用のつもりだし、画面を割ったとか自分が起因することであれば文句は言わないが、筐体に不具合が発生するのは構造的問題なんじゃねーのとApple Storeに駆け込んだ訳ですよ。

結果は予想通り、修理で25,000円の見積もりが出てきて、さすがにブチ切れましたよ。(あ、スタッフの方はホントに丁寧に対応してくれて感謝してますよ)
「何で有償修理なんだよ、ベルト固定部分の耐久テストは何万回やってんだよ」とクレーマー的に文句を言ってきましたが、結論としては事例が少なすぎて問題にならないということらしい。つまり、もっと事例があれば、Appleも不具合を認め、リコールなりそれなりの対応をするらしい。

だから、AppleWatchユーザーで私と同じよう症状が発生した人はぜひ、私に連絡して欲しい。みんなで声をあげましょう!

ちなみに、スタッフがオフレコで教えてくれた情報によると、AppleWatchは下取りをしていて、ネット査定であればこの傷を見落としてくくれる可能性があるらしい。(これを聞いて怒りが収まったww)

 

 

【読書】お金2.0 新しい経済のルールと生き方

年末年始にまとめて読書した中で、今回紹介する本はこちら

自分よりだいぶ若い起業家だが、着眼点とか思想はホントにリスペクトしている。何がすごいかというとその先見性。10年くらい先を皮膚感覚で語ってる感じがする。

例えば、ベイシックインカムにしても日本のような大国では無理だと思うが、著者には目の前で起きているような感じなのだろう。これからはお金を稼ぐよりも価値をあげることにフォーカスすべきというのは納得した。

以下、MEMO的な

■発展する経済システムの5つの要素
持続的かつ継続的に発展していくシステム(サービス)には5つの共通点がある。

  1. インセンティブ
  2. リアルタイム
  3. 不確実性
  4. ヒエラルキー
  5. コミュニケーション

■経済と自然の根底にある同一システム
経済が自然の生態系に似ていたからこそ、資本主義が普及した。

  1. 自発的な秩序の形成
  2. エネルギーの循環構造
  3. 情報による秩序の強化

■価値の3分類
世の中で価値と呼ばれるものには3分類ある。

  1. 有用性としての価値
  2. 内面的な価値
  3. 社会的な価値

人間の内面的な価値に関しては、現在の資本主義の枠組みでは上の世代が認識しにくく、ここには大きなチャンスが存在している

自分の仕事を自分で決められない人がいるのに驚いた

今回が初めてじゃないけど、嫁ブロック、親ブロックという言葉を知って驚いた。転職するのを嫁や親にブロックされる意味らしい。

メガバンク若手の転職希望者急増、現実は嫁・親ブロックで内定辞退も

しかし仕事という人生の大半をしめることを自分で決められない人生って、はたして楽しいのだろうか?嫁さんも貴方と結婚したのではなく、⚫︎⚫︎銀行に勤める貴方と結婚したと言ってるという事だよね。

まあ、実際、銀行辞めて低空飛行している知り合いもいるし、私自身、会社を辞めて好き勝手やって周りに迷惑かけた事もあるけどそれでも自分の意思で仕事も決められないというのは絶対無理だな。

つーか、そもそも自分の意思で決められないような人間は使えないと思うから、沈むまで船に乗ってるのがいいのかもしれないね。

私はこれからも好きなことやりつつ、出来るだけ周囲に迷惑かけず過ごしていきたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

2018年はやったるぜ!

あけましておめでとうございます。

毎年言っていますが、今年はやります。
これまでだいぶ迷走してきたけど、だいぶ方向性がみえてきたので、やれそうな気がします。景気もいいし、波に乗ってこうと思います。

以下、今年の目標。

■微妙な英語力を向上させる
ぶっちゃけ、今の英語力はTOEIC:675とビミョーなので、800はクリアしたい。遅くとも2018年6月までには達成させる。今後ECに力を入れる予定なので、英語の交渉はMustになるから。

■給料以外の収入源を200万円以上つくる
これはギグ・エコノミー、パラレル・キャリアの文脈でも達成したいと思っている。昨年airbnbから完全撤退したので、それに変わる柱をつくりたい。まずはECからスタートする予定。仕入れと旅行を兼ねてヨーロッパ、あとは深センには年3回くらい行きたいと思ってる。

まずは出来る事から始めて、足元を固めていこうと思っています。

こんな僕でも目標達成できる人になれるのか?

毎年この時期になると来年こそはと目標を考えるわけだが、そのほとんどは絵に書いた餅で終わる。以前、目標を達成する人とできない人の違いについて聞いたことがある。それは、立てた目標を覚えているか否かの違いだそうだ。

はぁ、それだけ?と思うけど、私を含め多くの人は年初に立てた目標を覚えていないだろう。要するに思考は現実化するってことなのだ。だから今年は絶対達成するぞと意気込むのではなく、忘れないことだけを意識しようと思う。

さて、目標達成の流れできたのでTips的なものをいくつか紹介する。

■障壁を正しく認識する

ダイエットでも英語でもそうなのだが、成功イメージを持つことは言うまでもなく重要だ。痩せたらあの服を着ようとか、英語ができたらあんな仕事をいてみたいなど誰もが想像する。しかし、ダイエットでも英語でもそうなのだが、きとんとマスターする人は失敗イメージを持つ人である。疲れている時は甘いものが食べたくなるとか、断りにくい飲み会があるなど障壁になることを正しく認識しることが目標達成に必要なのだ。

■結果目標と行動目標

目標には結果目標と行動目標の2種類がある。例えば営業マンなら今月は10万円インセンティブを稼ぐぞというのは結果目標、50件営業電話をするぞというのは行動目標である。私たちは結果目標にフォーカスしがちだが、行動目標とうまくバランスを取ることで、ブレずにコツコツと目標に向け進めることができる。

いつも目標を達成する人は知っている。「結果目標」と「行動目標」

目標達成についてまとめると、以下のとおり。
・立てた目標を忘れないこと
・結果目標と行動目標がある

今回は以上です。

MBA(Macbook air)のアダプタが壊れたので・・・

Macbookを使ってる人ならわかると思うけど、アダプタが脆弱すぎるんですよね。

とうとう私のも断線してしまいました。

ネットで調べてみると自力で修理している人もいたけど、不器用な私には無理だし、純正は9000円くらいするしで困っていたけど、アマゾンで見つけたこれで何の問題もありませんでした。

若干チープな感じはあるけど、使用には全く問題ないし、違いといえがリンゴのマークがないことくらいではないでしょうか。

つーことで、マックのアダプタが壊れた人はコイツがオススメです。

 

【書評】BCGが読む 経営の論点2018

毎年年末になると「来年こそは!」と思いついつい、この手のタイトルの本を手にしてしまうんですよね。
ということで今回読んだ本はこちら

当然と言えば当然だが、AIとかIOTとかシェアエコノミーとか流行りのテーマについて書かれていて、これからの全体感を掴むのにはとても理解しやすい本。13のテーマの中から特に興味を持ったものについて、軽くまとめてみる。

AI(artificial intelligence)

日々の仕事の中で、「これはAIでできるんじゃないかな」と考えるクセが昨年あたりからついてるけど、何でもかんでもAIができるのではなく、AIが得意とする分野がある。

■AIの得意分野
・データ:大量のデータを処理できる
・テクノロジー:データの保管、管理、リアルタイム処理
・アナリティクス

■AI活用の3つのポイント
・AIがうまく解けるかたちに、課題を因数分解する
・無意識の作業を形式知化して置き換える
・単機能を組み合わせる

世界で進む少子高齢化

日本の人口は2050年には1億人を割ると言われていて、何となくヤバイよね日本とは思っていたけど、あらためて人口動態をみてみるとガチでヤバい。長期的にみると誰でも問題なのはわかるけど、短期でみるとそれほど変化を感じないいわゆるゆでガエル状態になりやすい。人口が減るということはそれだけ消費が減り市場がシュリンクしていく。一方、これから伸びていくところは市場が拡大していくので新たなビジネスチャンスが見込まれる。次はアフリカかなw

 

アジャイルによる働き方改革

この章は皮膚感覚で理解できたし、思わず膝を叩くことが多かった。アジャイルというと開発現場を思い浮かべるが、組織にも当てはめられるというのは斬新に感じた。

 

ウォータフォール型の働き方の課題(大企業にありがちなやつ)

  1. 処理待ちによる遅延
  2. 手戻りの発生
  3. 情報の抱え込み
  4. オーナーシップの欠如

成功するために必要な3つのポイント

  1. サーバントリーダを育てる
  2. 標準的なアジャイル手法を取り入れ、組織に合わせて調整する
  3. 自動化を徹底する

 

シェアリング・エコノミー

私もairbnbのホストをやったり、UberやGrabなんかも海外で使ってるのでシェアリング・エコノミーの恩恵は受けている。何年も前から言われているけど、やはりシェアはキーワード何だよな。

シェリング・エコノミーがもたらす4つの変化

    1. ビジネス上の競争相手の変化
    2. 消費者にとってアセットを所有することの価値の変化
    3. 企業と消費者の関係性の変化
    4. 企業と従業員の関係性の変化

以上です。久しぶりにブログ書いたんで、メチャクチャ時間かかった。これからはもう少し頻度をあげていこうと思います。