IT業界で年収3000万円に求めらるスキル

富士通が人材確保のため、優秀な人材には年収3000万円以上を用意するらしい。

富士通 高度IT人材に3000万円超の報酬 今年度中にも新たな人事制度

富士通はじめ日系IT企業は、GAFAなど外資系企業の人材供給会社になってしまっているので、歯止めとして高額な報酬を用意するのは当然の流れであろう。でもモチベーションの源泉は金銭的な報酬だけではないので、日系企業がやりがい、社会への影響をGAFAより提供できるのかは疑問である。

さて、ここで注目したいのは、どのような人材なら3000万円超の報酬を得られるのかということだ。記事によると、「新制度の対象は、AIやサイバーセキュリティー分野などを専門とする人材」とあるが、もう少し具体的に調べてみたい。

■AI

そもそもAI人材って何よ?となるわけだが、IPAによると、AIに携わる人材のこととある。じゃあAIの定義はというと、“人工知能(AI:Artificial Intelligence)とは、機械学習、画像処理、音声処理、自然言語処理及び最適化等の技術を用いて学習・認識・推論などの人間の知的能力を人工的に実現したソフトウェアやシステムを指すもの”と定義している。開発者であればこのあたりの技術や知識を習得することが高収入の近道になるのだろう。

では私のような非エンジニアの場合はどうすればいいのか。安心して欲しい。AI人材とは開発者だけを指すのではない。(下記図参照)

AIといって全く新しいものではなく、これまでのシステム開発の延長にあるので、技術や経験は生かすことができそうだ。要するに現状維持ではなく、新しいことにチャレンジする人間であれば市場での評価は得られるのではないだろうか。


■キーワード

  • 機械学習
  • 画像処理
  • 音声処理
  • 自然言語処理および最適化
  • データサイエンティスト
  • Python