【エイプリルフールネタじゃないよ】ちょっと俺、大阪行ってくるわ!

残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいかい? それとも世界を変えるチャンスが欲しいかい?

これはスティーブ・ジョブズがペプシで働いていたジョン・スカリーをヘッドハントした時の有名な言葉だ。ぶっちゃけジョブズじゃなければ、はあ?ってなるんじゃないかと思う。普通、現職をこんな風にディスられたらムカつくでしょ。やはり誰が言うかによって戯言にも名言にもなるもんですね。

さて、なぜ冒頭にこのような言葉を持ってきたかと言うと、わたくし、転職することに決めたからであります。システム開発会社の拠点立ち上げのため、大阪に行くことに決めました。もち単身赴任で。

で、何をやるかというとシステム屋さんなのでSESから受託開発までSIer的なことは何でもやるんだけど、3つのミッションを自分に課しました。

まずはビジネス向けモバイルアプリ開発をやります。例をあげると、保険会社の営業さんが使う見積りシステムとか、薬局で薬剤師さんが使うモバイルアプリなんかです。受託開発なので地味だけど、足元を固めるにはいいかなと思ってます。

次に受託ビジネスのオフショア体制を構築します。経験上、ある程度経験値がたまれば、海外に移管するのは可能でしょうから競争力をあげるためにもぜひやりたいと思っています。

最後に全くの新規ビジネスとしてIOTプロダクト開発の受託ビジネスを立ち上げます。マーケット的にもIOTの需要はあるし、何より自分のこれまでの経験(ハードウェア、インターネットサービス、プロマネなど)を集約して活かせる領域なのでこれはぜひ実現させたいです。

  1. 大阪拠点の地固め
  2. 海外を含めた事業の拡大
  3. 新規ビジネスの構築

以上が私がこれからチャレンジすることです。

最後に冒頭の話に戻るけど、面接した役員から頂いた言葉が今回の転職を決めた。「大阪はチャレンジする場だ」これを言われたらやるしかないでしょう。

あと今回転職活動して思ったけど、明らかに人手不足の売り手市場ですね。就職氷河期でババを引いた我らの世代にもチャンスが巡ってきた感がありますよ。気が向いたら転職活動報告もそのうちやるかもしれません。

以上です。