【書評】不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

【書評】不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

9回特攻に出て、9回帰ってきた男の話と聞いたら、必読確定なのでさっそく手にしてみた。

結論から言うと、これまでの特攻に対する認識、イメージが覆されるくらい衝撃を受けた。私(多くの日本人が同様と思うが)がこれまで抱いていた認識、イメージは特攻を命令した側の視点からのもので、命令された側の視点が全く抜け落ちていた。

他にも特攻は作戦としてはイケてないが、効果はあるものと思っていたが、初期の成功事例とされた空母撃沈も超小型なものだし、かすり傷しか与えていなくても撃沈・大破と同類にカウントしたりと、ほとんど成果のないものであった。ただ戦争継続のためこのようなストーリーが必要であったというのはやりきれない思いがした。

時代は違えど、現在の政治も会社も至る組織でも同じようなことがあるよなあと感慨深い思いがした。