そろそろショーンKは再評価されるべきだろ

そろそろショーンKは再評価されるべきだろ

先日読んだ本にこんなことが書いてあった。

ストーリーは後付けでも良い。ストーリーを語ることでそれに近づく努力をすればいいのだ。

この一節を読んだ大半の人はあの人を思い浮かべるだろう。

ショーンK

巷ではホラッチョとか呼ばれ、バカにされてたけど、ハーバード卒、一流コンサルタントという作り上げたストーリーを努力により実装し、実社会でも企業相手に超高額コンサルタントとして報酬を得ていたのだから相応の価値を提供していたのだろう。恐らく、作り上げたストーリーを実現させるために並々ならぬ努力をし、結果ハーバード卒と言っても誰も疑わないレベルの素養を身に着けた。無論ウソはいかんが、これから先は全て実力と言っていいわけだから、ぜひ信頼を回復し、頑張ってもらいたい。

つーことで私もブログのプロフィールにこれまでを書くのではなく、これからを書くことにした。あまり先のことはイメージできないので1年先を見据えて書くことにする。近日中に更新する予定なので、もし本稿を読んだ人がいれば確認してみて欲しい。

さあ、今週もがんばろ!

*ちなみに読んだ本はこちらです。