やらかし流「自分を変革する」3つの方法

やらかし流「自分を変革する」3つの方法

私は昔から大前研一が好きで、ちょこちょこインスパイアされてきたのだが、正直ここ数年は深く感心したり、膝を打つようなことがない。もっとハッキリ言うと思考が鈍ってきたのではと感じることもある。(老害とまでは言わないが、政権に対する批判やシェアエコノミーに関しては的を外しているように感じた)

それでもリスペクトしているので、年末には恒例の「日本の論点」はちゃんと買った。詳しい感想は書かないけど、残念ながら上記のようにあまり刺さるところはなかった。

で、その大前御大が提唱する有名な自分を変革する3つの方法というのがあるので、ここで紹介するとともに、私が考案したやらかし流の方法論も披露しようと思う。

まず、大前流人生を変革する3つの方法

  • 時間配分を変える
  • 住む場所を変える
  • 付き合う人を変える

若干マッチョな感じもするけど、まあその通りだと思うし、効果もありそうだ。

大前流「自分を変革する」3つの方法

でもやはりハードルが高そうだいう方にこちらを紹介しよう。

やらかし流人生を変革する3つの方法

  • 靴下を3足1,000円から1足1,000円以上のものに変える
  • パンツを1,000円以下のものから3,000円以上のブランドパンツに変える
  • 革靴を10,000円以下のものから30,000円以上のものに変える

そう、予想どおり上辺だけのチャラい方法だと思われるかもしれないが意外と効果がある。靴下やパンツは数千円の投資なので、騙されたと思ってデパートに駆け込んでみて欲しい。身につけると自信が湧いてくるはずだ。

でも一番のオススメはちょといい革靴を買うことだ。履き心地も全然違うし、メンテナンスをすれば何年も使えるのでコスパもいい。革靴に関してはこちらの記事を読んでいただければ腹落ちすると思う。

3万円以上する靴を大切にする費用対効果の話

最後に尊敬する出口さんの方法論を紹介して終わりにしよう。

  1. 本を読む
  2. 人に聞く
  3. 旅に出る

以上です。